香典返しは忘れずに行ないましょう~キチッと正しくお返し術~

着物姿の女性

マナーとして知ること

ギフト

香典返しは頂いた香典に対してのお礼の意味を込めたものです。必ずお返ししなければならないというわけではありませんが、マナーを知っておく事はとても大切です。いつ頃にいくらの物を渡すのか、家族等が亡くなって大変な時ですが今後のためにしっかりとする事が大切です。

Read More...

忘れずに行いましょう

風呂敷

相手によって選択を

一年を通して冠婚葬祭の出来事は数回は起きるものです。香典返しや結婚祝い、出産祝いなども含めて、無礼がないようにある程度の知識を備えておくようにしましょう。結婚の場合には、様々な人からお祝いをいただく場合があります。披露宴に出席をしてもらう人は問題ないのですが、結婚祝いのみを送ってくださった方には結婚内祝いをするのが礼儀です。百貨店などの結婚内祝いカタログには定番のものから相手に合わせたものまで、さまざまなギフトの選択が可能であるため利用してみるとよいでしょう。相手に喜ばれるものでありながら、気の利いた結婚内祝いをすることができればとても印象がよいものです。お祝いをしてくださった先方の家族形態や年齢、性別などに合わせて選択することをおすすめします。迷ってしまった場合には、インターネットの口コミを利用したり、百貨店の店員に直接聞いてみると参考になります。

信頼のおける物の選択を

結婚内祝いを選択する際に注意する点として、信頼のおけるメーカーやブランドのものを利用することが挙げられます。二人の門出を祝ってせっかく送ってくれた先方に対して、不良品や粗末な結婚内祝いをしては失礼にあたります。そのため、確かな品物を選択することがとても重要になるのです。また、お返しする金額は一般的に頂いた金額の半額が目安になります。あまりに低価格のものを選択したり、高額なものを選択すると失礼になるため注意が必要です。最近では物があふれる時代になったため、先方の持っていないものを送るのが難しくなっています。品物選びに迷ってしまったら、カタログギフトという選択も一つの方法です。この際も、カタログの金額に注意しましょう。また、カタログは香典返しの時にも使える場合があるので、冠婚葬祭の時はチェックしてみましょう。

人気の贈り物として定着

贈り物

広くカタログギフトが普及して人気となっている理由は、手間を掛けずに相手に喜ばれる贈り物を贈ったり、受け取れるためです。カタログギフトはその特徴として、受け取る側がもらえる贈り物を指定できる点にあります。

Read More...