香典返しは忘れずに行ないましょう~キチッと正しくお返し術~

着物の女性

マナーとして知ること

ギフト

いついくらの物を渡すか

家族のが亡くなり葬儀などで香典を頂いたり、供物を頂いたりした場合、喪明けの頃にお礼状と一緒に香典返しをするのが一般的です。喪明けの頃とは亡くなってから四十九日たった後の事を言います。もともと香典は喪家にたいし、葬儀から喪明けまでの急な出費の助けのために渡されていたものです。そして一家の大黒柱や両親が亡くなり遺されたのが子供達だけの場合は、お礼状だけで香典返しをしない場合もあります。またのしを付けて渡すのが一般的で、地方によっても風習がちがいますが、手渡しで渡す場合は外のしで、送って渡す場合は内のしとする場合が多いです。香典返しの金額はだいたい頂いた金額の半分から三分の一ぐらいの金額が目安です。頂いた金額に見合ったものをお返しするのが当然です。

おすすめな商品

何を香典返しとして送るのかというと、不祝儀に対するお返しなので、縁起を担いで後に残らないお茶や石鹸などが多いです。会社から頂いた場合も金額は半分から三分の一ぐらいのもので、大勢で使えるお茶やお菓子などでも良いです。またあまりに高額な香典を頂いた場合は、お礼状、香典返しの他に商品券などを一緒にお渡しするのがおすすめです。最近ではカタログギフトでお返しする場合もあるようです。また、品物を一種類しか用意するのではなく、金額に応じて三種類ぐらい用意しておく方が良いです。そして、香典返しを頂いた場合はお礼の電話や手紙はしなくてもいい事になっています。しかし日頃からよく付き合いがある関係ならさりげなく励ましの電話や手紙を出したりするのも大丈夫です。